尾張町・町民文化館
尾張町・町民文化館




 明治40年に金沢貯蓄銀行として建てられました。外観は黒漆
喰仕上げの塗篭土蔵造り、内部は白漆喰仕上げで和洋折衷の様式
美を魅せています。銀行の旧窓口や旧頭取室が、当時を忍ばせて
くれます。昭和51年7月に北陸銀行尾張町支店として役割終了。
現在は、石川県有形指定文化財として尾張町商店街が活用。  

◎石川県の観光情報を尾張町HPからインターネット検索できます
◎またDVDの映像情報も揃えています。
 
   
施設説明
・2ヶ月毎のメインテーマによる展示
           (※今年度は、土日祭日のみ)
石川県内の各地域の文化・伝統産業特集展の企画や、その関連作家たちの将来性ある人と作品を紹介します。
・老舗の街・尾張町界隈の商業と文化芸能の発見
代々老舗に伝わる愛蔵品の展示や、そのオークションを通じて街の魅力に触れていただけます。
・各種イベントの開催
主体的に地域文化振興に寄与する催事を行い、
時には史跡コンサートなどをも開催します。
・文化教養セミナーの開催
日頃生活の中に忘れがちな地域の個性ある芸能文化を発見したり、時代の先端を行く情報に接したりする場とし、一方では公民館的要素を持たせています。





尾張町商店街に戻る